Misima Hyakka

三島の気になるワークショップや展示を紹介します。
更新情報
更新情報をスキップして本文に移る
2017-06-26:
  • ハピネス読書会(7月)
2017-06-19:
  • 児童文学を語る会(7月)
2017-06-18:
  • 文章講座(7月)
2017-06-14:
  • 歴史発見講座(7月)
  • 歴史あるき(7月)
2017-06-08:
  • 文章講座(6月)追記
2017-06-01:
  • ハピネス読書会(6月)
  • マッカラーズを読む(6月)
2017-05-28:
  • 美人歳時記
  • 児童文学を語る会(6月)
2017-05-26:
  • ハピネス、うーるーの地図を更新
2017-05-19:
  • 文章講座(6月)
2017-05-10:
  • 林由紀子「夜明けの薔薇連祷」展
2017-05-08:
  • ライブ@カフェ・うーるー
2017-05-06:
  • 歴史発見講座(6月)
2017-05-04:
  • みしまブックフェス2017
2017-04-30:
  • GYOW TEN 6
2017-04-24:
  • 田中毅 石彫展
  • ハピネス読書会(5月)
2017-04-21:
  • ミシマ文章講座
2017-04-14:
  • 展示「The May Sun」
 
このサイトについて
 
* すべて静岡県三島市のイベントです。(2017年)
展示
7月
7月1日(土曜)午前9時~11時30分

歴史発見講座

世間士・かるのさん

テーマは「二宮金治郎 両道を歩み続けた男」。

日本で最も銅像が建てられている幼少期の二宮金治郎。しかし彼が活躍したのは成人してからであり、単なる道徳的な人物ではなかった。

科学的、計量的、合理的に農村の改善運動を展開し、国家百年の計を構想した二宮尊徳についてお話しします。

7月2日(日曜)13時~16時30分

函南さんぽ 歴史あるき

歴史講座でおなじみのかるのさんによる、史跡をめぐるウォーキング。
大場駅から出発し、柏谷横穴群などを3時間半の行程で歩いて見てゆきます。

7月8日(土曜)13時30分~15時30分

三島児童文学を語る会

今回は絵本『ここが家だ』と『ドームがたり』(共にアーサー・ビナード著)を取り上げます。

※会場と同じフロアに託児施設もあります(要予約・600円/時間)

7月16日(日曜)13時~17時

ハピネス読書会

今回の本は、ヴェデキント『春のめざめ』です。

7月20日(木曜)19時~21時30分

ミシマ文章講座

5月15日 -- 7月25日

美人歳時記 物語の中の女性と四季

文芸雑誌「文藝倶楽部」に掲載されたなかから、美人画を特集した口絵 100 点と初版本 30点の展示です。画家は武内桂舟等。

コレクター朝日智雄氏によるギャラリートークもあります。

明治中頃から大正・昭和にかけて発行された文芸雑誌「文藝倶楽部」は泉鏡花や幸田露伴などの人気作家を数々生み出すとともに、さまざまな画家たちが美しい口絵を寄せて人々に愛読されました。

朝日コレクションより約100点の美人画と館蔵の同時期初版本約30点を展示します。文学や四季の風俗とともに描かれた美人たちの姿をどうぞお楽しみください。

4月9日 -- 8月29日

テリ・ワイフェンバック「The May Sun」

写真家テリ・ワイフェンバックの、国内外の美術館として初となる個展。
柿田川湧水で撮影された映像作品等も合わせ、約110 点を展示。

学芸員によるギャラリー・トークは第2・第4土曜日 14時15分より約30分間。
ワークショップもあります。詳しくは下記ウェブサイトで。

IZU PHOTO MUSEUM

本展覧会は、2005 年に写真集として発表された代表作のひとつである「The Politics of Flowers」とワイフェンバックがIZU PHOTO MUSEUMに長期滞在し制作したシリーズ「The May Sun」を中心に構成されます。「The Politics of Flowers」は、2003 年に最愛の母を亡くしたワイフェンバックが、パレスチナに咲く花を採集して作られた19 世紀の押し花帳『Pressed Flowers from the Holy Land』と出会ったのを機に制作されました。

# Misima Hyakka からの外部サイトへのリンクはすべて、新規タブやウインドウを開きません。